野球

紅林弘太郎の読み方や出身中学校は?父や母と兄弟は?オリックスがドラフト2位指名!

投稿日:

スポンサーリンク

 


静岡県立駿河総合高等学校の紅林弘太郎内野手が
ドラフトで、オリックスから2位指名されましたね。

 

紅林弘太郎選手は、走攻守の3拍子揃った大型内野手です。

 

高校通算40本塁打を記録しています。

 

スポンサーリンク

 


紅林弘太郎の読み方は?


珍しい名前ですよね。


紅林弘太郎の名前の読み方は、
クレバヤシ コウタロウ』です。

 

読み方は、そのまま読むみたいですね。

 


紅林弘太郎のプロフィール

出展:https://yakyutaro.jp/


紅林 弘太郎 (クレバヤシ コウタロウ)選手は、
2002年2月7日生まれの現在17歳です。

 

身長は、186センチ。


体重は、81キロ。


右投げ右打ち


ポジションは、遊撃手。


遠投は。100m。


50m走は、6秒2。

 

青島小2年時から青島ホークスで野球を始め、
中学では軟式野球部で遊撃としてプレー。

 

中学3年生の時に藤枝選抜チーム入りを果たした。


駿河総合では1年時春からベンチ入り。

 


 夏の予選(初戦敗退)で5番・遊撃の座を掴み、
同秋の新チーム(地区敗退)から4番を務める。

 


U-18候補として参加した4月の合宿で全国屈指の右腕・奥川から左2塁打を記録している。

 


3年時夏の県大会で初の決勝進出を果たすも静岡高に2対3で競り負けV逸。

 


守備で二遊間ヒット性打球の好守をみせたが、4打数無安打と打撃が振わず逆転で敗れた。

 


3番・遊撃で7安打(7四死球)を放ち、打率.269(出塁率.424)本0点4をマーク。

 


5回21対0の大勝を飾った初戦・熱海高戦で、右中間フェン直の三塁打など3安打を放っている。

 


県大会準優勝が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 


2019年10月17日のドラフト会議で、
オリックスバファローズから2位指名される。

 

 

2019年7月29日
101回全国高等学校野球選手権
静岡大会 決勝 駿河総合高校 
紅林弘太郎選手
最終打席

 

 

 

紅林弘太郎の出身中学校は?

 

紅林弘太郎選手の出身中学校は、
『藤枝市立青島中学校』です。

 

紅林弘太郎選手は、
中学時代に軟式野球部に所属しています。

 


青島中学でのポジションは、ショートです。

 


中学時代に藤枝市選抜に選ばれましたが、
無名の選手でした。

 

スポンサーリンク

 

紅林弘太郎の父や母と兄弟は?

 

紅林弘太郎選手の家族構成は、
両親と姉、兄、妹です。

 

6人家族ですね。

 

父と母が健在の様です。

 

 

姉と兄と妹ですから、
紅林弘太郎選手は、第3子ですね。

 


父や母と姉、兄、妹の名前や職業や年齢などの
詳しい情報は、公開されていませんでした。

 

 

分かり次第追記致します。


まとめ

 

今回は、『紅林弘太郎の読み方や出身中学校は?父や母と兄弟は?オリックスがドラフト2位指名!』などについて見て来ました。

 

紅林弘太郎は、オリックスバファローズから
ドラフト2位指名されました。

 


かなり期待されている選手ですね。

 

走攻守3拍子揃った大型内野手。

 

1軍目指して、頑張って欲しいです。

スポンサーリンク

-野球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒川史陽の出身中学やシニアは?父・母や兄弟と彼女について

スポンサーリンク

水野達稀(丸亀城西)のプロフィールと出身中学は?ドラフト予想と彼女を調査!

香川県代表の『丸亀城西高校』の 水野達稀選手は、プロ注目のドラフト候補選手です。     水野達稀選手の打順は1番でリードオフマンですが、 高校通算25本のホームランを 放つ強打者 …

no image

太田流星(札幌大谷)ドラフト評価は?出身中学とシニアや球種と最速を調査!

スポンサーリンク 太田流星投手の特徴は、サブマリン投法です。   2018年の明治神宮大会では、 九州の筑陽学園相手に 『ノーヒットノーラン』目前までいき 注目を集めています。   …

奥川恭伸(星稜)投手の進路予想!バッティングも凄い?グローブやバットのメーカーはどこ?

スポンサーリンク 奥川恭伸投手は、 世代ナンバーワン右腕と言われていますね。   最速151キロを記録し、センバツでは履正社を破りました。   2019年の夏の大会では最も注目され …

垣越建伸(山梨学院)の出身中学やシニアは?彼女と両親と兄弟について

スポンサーリンク

しょう太郎」