ドラマ

【ドラマ】義母と娘のブルースの友井智善役の俳優は誰?

投稿日:

【ドラマ】義母と娘のブルースは、
4コマ漫画がドラマ化になりました。

 

あらすじを引用します。

義母と娘の愛と成長を描くハートフルな物語だ。

 

さて、友井智善役の俳優誰なのかが気になりました。

 

今回は、友井智善役の俳優について、

・友井智善役の俳優は誰?

・プロフィール

・ルーキーズにも?

・引退説が出た理由は?

・嫁と子供は?

・タトゥーが気になる

 

などについて調べて見ました。

 

早速、見て行きましょう

 

友井智善役の俳優は誰?

 

友井智善役の俳優さんは、川村陽介さんです。

 

 

現段階では、友井智善という人物がどんな役柄なのかが、
分かっていません。

 

 

どういう形で出演すのかが楽しみですね!

 

 

川村陽介さんのプロフィールが気になりました。

川村陽介のプロフィール


出展:https://www.crank-in.net/

 

イケメン俳優ですね!

 

川村 陽介(かわむら ようすけ)さんは、
1983年6月5日生まれの現在35歳です。

 

出身地は、埼玉県ふじみ野市の出身。

 

身長は、178センチ。

 

体重は、67キロ。

 

血液型は、AB型です。

 

学歴は、西武台高等学校を卒業。

 

趣味は、スポーツ・カラオケ・ビデオ鑑賞

 

特技は、サッカーとスノーボードです。

 

職業は、俳優です。

 

所属事務所は、ホリプロです。

 

 

2000年に映画『死者の学園祭』でデビューを果たしました。

 

2000年(平成12年)2月には、
21世紀ムービースターオーディション審査員特別賞を受賞しています。

 

2007年には、ドラマ『新宿スワン』で主役を務めます。

 

【代表作品】

テレビドラマ

『ごくせん』

『新宿スワン』

 

 

テレビドラマ・映画・舞台・吹き替え・CMなどに出演しています。

 

また、バラエティ番組にも出演されました。

 

 

川村陽介はルーキーズにも?

 

川村陽介さんは、
2008年に放送されていたテレビドラマ
『ROOKIES(ルーキーズ)』に出演しています。

 

ルーキーズでは、桧山役を演じていました。

 

 

このルーキーズの出演で、川村陽介さんは有名になりました。

 

 

スポンサーリンク

川村陽介に引退説が出た理由は?

 

川村陽介さんの引退説が出ました。

 

 

なぜ、引退説が出たのでしょうか?

 

 

調べて見ると、テレビでの露出が、減ってしまったことが、
引退説に繋がっているようです。

 

 

また、2010年から2011年に2ちゃんねるでの書き込みに
『引退』という言葉がありました。

 

 

これが川村陽介さんの引退説が出た理由です。

 

今や引退どころか、
新ドラマの『義母と娘のブルース』の友井智善役で出演します。

 

 

川村陽介さんは、まだまだ現役の俳優さんです。

 

 

川村陽介の嫁と子供は?

 

川村陽介には、嫁さんが居ます。

 

 

結婚したのは、2011年1月です。

 

中学校の同級生が現在の嫁さんです。

 

そう考えると、川村陽介さんは、一途な男性なのでしょうか?

 

 

嫁さんは、小柄で癒し系の美人な女性です。

 

 

また、料理や掃除・洗濯と言った家事全般が得意です。

 

 

めちゃめちゃ良いお嫁さんをもらいましたね!

 

子供は、二人います。

 

2011年に女の子が誕生しました。

 

その後、2014年に男の子が誕生しました。

 

2児のパパですね!

 

 

川村陽介さんは、イケメンなので、
子供は、べっぴんさんで、イケメンの姉弟なのでは無いでしょうか?

 

 

川村陽介のタトゥーが気になる

川村陽介さんは、タトゥーをしているのでしょうか?

 

 

調べて見ましたが、

川村陽介さんは、タトゥーをしていません。

 

 

おそらく、『新宿スワン』や『ROOKIES(ルーキーズ)』などの出演で、
タトゥーをしているイメージがあった世間の人たちが、
川村陽介さんがタトゥーをしているのでは無いかと気になったのでしょう!

 

 

まとめ

今回は、『【ドラマ】義母と娘のブルースの友井智善役の俳優は誰?』
などについて見て来ました。

 

 

友井智善役の俳優さんは、川村陽介さんでした。

 

 

新ドラマ、義母と娘のブルースでの川村陽介さんの
演技力に注目したいと思います。

 

 

2児のパパですからね!

 

 

まだまだ、引退は出来ませんよね!

 

 

今回は、最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

しょう太郎」