野球

金子一輝が戦力外になった理由は?今後は引退か現役続行か?

投稿日:

スポンサーリンク

 

西武ライオンズの金子一輝内野手が
戦力外通告を受けました

 


金子一輝選手は、
2014年に日大藤沢高校からドラフト4位で
西武に入団しました。

 


昨年のソフトバンク戦で、
プロ初安打となるホームランを放ちました。

 

 

金子一輝選手の
通算成績は6試合に出場し、
打率が357

本塁打が1本

打点が2。

 

 

金子 一輝 1号 ソロ ホームラン
2018年5月22日
ソフトバンクvs西武

 

スポンサーリンク

 

金子一輝が戦力外になった理由は?

出展:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/

 


ネットの声を見てみると
金子一輝選手が戦力外通告を受けたことを悔やむ声が多数です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


金子一輝選手は、愛されていますね。


まだまだ、やれると思います。

 

金子一輝選手は、まだ24歳です。

 

めちゃめちゃ、若いです。

 

金子一輝選手が戦力外通告を受けた理由は、
明らかになっていませんが、
推測するには、
昨年からの伸び悩みでしょうか・・・

 

 

今季は、1軍での出場はありませんでした。

 

今季の西武ライオンズは、
パリーグの優勝争いで奮闘し、
リーグ優勝を果たしました。

 


強力打線で、レギュラーが大活躍しています。

 


そのなかでは、
金子一輝選手を起用する場面が
無かったと思われます。

 

 

今後は引退か現役続行か?

 


金子一輝選手のコメント



今後は未定。

「6年間の野球人生に後悔はない。

現役を含めて考える部分はたくさんある。

結論は出ていない」と話した。



金子一輝選手のコメントを見てみると、
野球人生に後悔は無いと語っています。

 


この発言は、『引退』とも
取れる発言ですね。

 

現役を含めて考えるとの事なので、
トライアウトを受けるのか、
独立リーグに行き、NPBに復帰することを目指すのか、

 

 


個人的には、金子一輝選手には、
現役続行を考えて欲しいです。


若いのにもったい無いです。

 

スポンサーリンク


まとめ

今回は、『金子一輝が戦力外になった理由は?今後は引退か現役続行か?』
などについて見て来ました。

 

 

プロ野球の世界は、華やかですが、
結果が残せないと厳しい世界です。

 

 


プロ野球選手になる事すら難しいのに
プロ野球の世界で、長く現役で活躍される
選手を見てると本当にすごいと
改めて感じました。

 

 

金子一輝の今後に注目です。

スポンサーリンク

-野球

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小寺智也(平安)のドラフト予想や出身中学とシニアは?彼女や両親と兄弟について!

スポンサーリンク

渡邉勇太朗(浦和学院)の出身中学やシニアは?ドラフトや家族も?

スポンサーリンク

美又王寿(浦和学院)の出身中学やシニアは?両親や兄弟も気になる!

スポンサーリンク

板川佳矢(横浜高校)投手の中学時代はサッカー選手?ドラフト予想と彼女をチェック!

横浜高校のエース投手の板川佳矢選手は、 1年生の秋からエースを任されている 投手です。   板川佳矢投手の球種は、 最速142キロのストレートと 変化球は、カーブ、スライダー、チェンジアップ …

太田椋(天理)のドラフト評価は?父親は元プロ野球選手で現在は何を?

スポンサーリンク 2018年9月25日にプロ野球志望届の提出をした 天理高校の『太田椋』選手。 太田椋選手は、高校通算31本塁打。 走攻守3拍子揃った遊撃手です。 3年生の夏の甲子園出場は、 果たせま …

しょう太郎」